株式会社GREEN|コスト削減・水道光熱費の見直し・無電極ランプの販売・プラスチック油化装置の販売・ビル管理コストの見直し・エコロジー・環境保全・リスクマネジメント・スポーツ・エコ・渡部監祥・大鵬|




年間の公共料金について、請求書の整理だけでおわっていませんか? それぞれの公共料金のムダを、トータルでコスト削減できれば年間で大幅な経費削減になります。つまり、「コスト削減=純利益」。(株)GREENでは、今の時代にふさわしい「経費削減」と「省エネ体質」の企業を目指す皆様へ、 < エネルギー・ランニングコストの大幅削減 > をご提案しております。
電力自由化などの範囲が拡大された今、地球環境にも貢献するコスト削減について考えてみませんか?
エネルギー供給元の契約が変更できることをご存じですか? エネルギーコストは、契約内容を見直し「適正な契約形態」を実現することでコスト削減が可能です。さまざまな角度からお客様の電気料金や水道料金、ガスや通話料金の契約プランを見直し、ムダを見付けコスト削減を行えるのが、GREENの「エネ割」プランです!